会社の種類

株式会社

 株式会社とは、会社債権者に対して、出資した価額を限度に責任(有限責任)を負う株主のみで構成される会社形態です。実質的な会社の経営は、取締役(会)が行うことになり、(株式の)所有と経営が分離しているという特徴があります。

 

合同会社(LLC)

 合同会社とは、株式会社同様会社債権者に対して、出資した価額を限度に責任を負う有限責任社員のみで構成される会社形態です。実質的な会社の経営は社員が行うことになり、所有と経営が一致しているという特徴があります。また合同会社は、社員間の人的つながりを重視しており、内部関係では原則として社員全員の一致がなければ定款変更ができない、各社員が業務執行権と代表権を有するなどの特徴があります。

 

合名会社

 合名会社とは、会社債権者に対して、直接連帯して責任を負う無限責任社員のみで構成される会社形態です。株式会社、合同会社とは違い労務や信用の出資でもよいなどの特徴があります。社員間の人的な信頼関係を重視している会社形態であり、組合的な性質を持っています。

 

合資会社

 合資会社とは、会社債権者に対して、直接連帯して責任を負う無限責任社員と出資した価額を限度に責任を負う有限責任社員から構成される会社形態です。そのため、社員は最低でも2名必要となります。合名会社と同じように社員間の人的な信頼関係を重視している会社形態です。

 

有限責任事業組合(LLP)

 有限責任事業組合(LLP)とは、法人格のない組合ですが、株式会社や合同会社の特徴である構成員の有限責任と民法組合の特徴である内部自治が広く認められているという組織です。他の会社形態にはない特徴として、有限責任事業組合が利益をあげても組合自体には課税されず、利益の配当を受けた組合員に直接課税される「構成員課税」が認められています。

 

一般社団法人・一般財団法人

 一般社団法人・一般財団法人とは、営利(剰余金の分配)を目的としない社団と財団について、法人が行う事業の公益性の有無に関わらず、登記のみによって法人格を取得することができる法人のことです。一般社団法人・一般財団法人が行うことができる事業に制限はないため、公益事業を行う団体だけでなく、町内会、同窓会、サークルなどでも設立することができます。